足尾銅山.com
足尾銅山.com top

 

 




足尾銅山の歴史にふれ、オリジナルでテーマのある旅を!観光スポットや口コミの多い店、地元の穴場情報を紹介するポータルサイト!さらに自らプロデュースした、物語のある土産品も紹介しています。


ハワイのダイヤモンドヘッドより、足尾の”はげ山”を今見る理由

足尾を「ざざっと紹介



世界遺産登録へ向けての活動


足尾銅山写真師 小野崎一徳

国立国会図書館 近代ライブラリー 「古河足尾銅山写真帖」小野崎一徳 編


銅の認識 間違ってませんか!

足尾NEWS 最新情報&イベント情

日光NEWS(日光・今市・鬼怒川・栗山)


English Guide



会社概要



管理人より



リンク

【東北地方太平洋沖地震につきまして】
被災された地域の皆さまには心よりお見舞い申し上げ、亡くなられた方々のご冥福をお心より祈りいたします。そして一日も早い復興を信じております。

日本のグランドキャニオン松木渓谷 「足尾のグランドキャニオン」
”はげ山の理由”

一度は煙害によってはげ山になった足尾の山々も現在では少しずつ緑を取り戻そうとしています。それは多くの人の手と長い長い年月をかけて行なわれている緑化事業の成果といえるでしょう。この事業は、明治当初から行なわれ、100年以上の歴史があります。
  はげ山の緑化事業は、これまで国・県や企業が実施してきましたが、平成8年から「足尾に緑を育てる会」という緑化ボランティア団体がつくられ、国や県と一緒になってはげ山の緑化活動を続けています。煙害ではげ山になった面積は広大であることから、その緑化事業には100年も200年もかかると言われています。
  足尾は環境の事を学び、緑化活動に参加できる最適地です。



足尾のちょこっと観光
足尾バススニーカー 設定日
・2012年6月10日(日) ※募集は終了いたしました。

・2012年7月22日(日) ※参加者募集中です。

・2012年7月29日(日)

1日3回ツアー実施
・松木プラン@ AM 09:15〜10:45<日光より往復送迎付>
・小滝プランA PM 13:00〜14:20<日光より片道(往路)送迎付>
・松木プランB PM 15:00〜16:30<日光より片道(復路)送迎付>

●浅草⇔日光・足尾 周遊観光モデルコースはこちら


●足尾のちょこっと観光プラン【足尾バススニーカー】の
足尾バススニーカー <2012 足尾のちょこっと観光>

 

足尾銅山の山「備前楯山」トレッキングコース
※終了しました。

一度は裸地化してしまった山。
山林復旧の歴史をこえ、現在の山の植生や野生生物の現状について考える。

2012年6月2日(土) 13:00集合16:00解散<受付12:45 かじか荘駐車場>
・トレッキング時間2時間

● 足尾銅山の山「備前楯山」トレッキングコースの
申し込み終了いたしました。
ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

ツアーの様子はこちら
・植物は動けません、だから自分にあった場所に生息します。
  だから植物をみれば環境がわかります。
  続きはこちらから・・・・・・・


※チラシのpdfファイルはこちら<表面>
※チラシのpdfファイルはこちら<裏面>FAX申し込み用紙


 

足・産・環(足尾銅山の産業遺産と環境をテーマに現地ガイドと巡る)2011 WINTERが始まります!
<冬にこそ見られる、感じとれる足尾を紹介します>

A>バスで行く!たっぷり足尾銅山コース 
  2011年11月26日(土)
  2011年12月11日(日)
  2012年01月15日(日)

  ●募集は終了しました。


B>備前楯山トレッキングコース
  2011年12月17日(土)
 ●募集は終了しました。

足・産・環(足尾銅山の産業遺産と環境をテーマに現地ガイドと巡る)2011 WINTER のFAXでの申し込みはこちらから

募集は終了しました。
足尾銅山観光ナイトツアー2011


大好評をいただき3年目を迎えました。
夏休みに足尾ならではの体験をしませんか!夏休みの工作に「缶(瓶)を使ったカンテラ作り」、
営業時間後のライトダウンして暗くなった銅山の坑道での「 宝探し」、タガネとハンマーを使った「鉱石割り」。
夏休みの思い出作りに是非ご家族でご参加下さい。

■実施日 平成23年7月30 日(土)、8月20日(土)、8月27日(土)

■行程
15:30 足尾銅山観光「足尾銅山観光ナイトツアー2011」看板前集合
16:00 カンテラ作り
17:15 銅山観光坑道内で宝探し(鉱石割り体験含む)
19:00 解散

足尾銅山観光ナイトツアー2011の詳細はこちら



◆◆◆2011年6月開催の募集は終了しました。◆◆◆◆
◆◆◆2011年6月16日の下野新聞に掲載されました。◆◆◆◆
           募集は終了しました。

足尾銅山の産業遺産と環境をテーマに現地ガイドと巡る

【テーマ】
辺鄙な山奥の地で、産銅をもって日本の産業を牽引した痕跡にふれる。
近代化を象徴するスケールの大きな技術史の数々や、独特な文化や生活が
学べる場所【足尾銅山】。


環境への教訓がここにはある。
人類がこれからも豊さを求めた時、環境問題への視野を持たなければいけない。
心に刻むべきメッセージが聞こえる場所【足尾銅山】。



足尾銅山発見400年記念事業ノベルティハガキの抽選会が2010年12月7日に終了しました。

2010年足尾銅山発見400年記念事業の締めくくりとしておいでいただいた方々に、ささやかながら“足尾”をプレゼントしたいと企画実施しましたが、ついに厳選なる抽選の結果、当選者9名が決定いたしました。

ノベルティハガキの抽選会の詳細はこちらから



昼食会場足尾駅のキハ


トロッコ線路跡のコンクリート橋
ご参加の皆様ありがとうございました。
足尾銅山発見400年記念ウォーク 「足尾の産業遺産を訪ねながらトロ道を歩く」
エコミュージアムあしお - 足尾での取り組み
足尾銅山発見400年記念ウォーク
「足尾の産業遺産を訪ねながらトロ道を歩く」<募集開始!>
8/29(日) 11:00 定員50名様程度

かつてガソリンカーと呼ばれる“トロッコ列車”が行き来していた「トロ道」をメインに歩きつつ、ガイドといっしょに東洋一といわれた銅山「足尾鉱山」の街なかを歩く探索するツアーです。
■実施日 平成22年8月29日(日)
■行程<随時解説有り>
11:00 わたらせ渓谷鐵道・間藤駅集合
↓(ガソリンカーの道経由)
足尾駅【貨物ホーム横キハ30の車中で昼食】
↓(ガソリンカーの道経由)
通洞駅

市営野球場・選鉱場(外から見学)

通洞変電所(外から見学)

トロッコ線路跡の残るコンクリート橋

中才鉱山住宅

沈殿池(外から見学)

通洞駅15:30解散
■最小催行人員 5名様(定員50名様程度)
足尾銅山発見400年記念ウォーク 「足尾の産業遺産を訪ねながらトロ道を歩く」の詳細はこちら
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

ご参加の皆様ありがとうございました。
足尾銅山観光ナイトツアー2010
エコミュージアムあしお - 足尾での取り組み
足尾銅山観光ナイトツアー
8/28(土) 15:30? 定員20名様
昨年大好評をいただきましたナイトツアーを足尾銅山発見400年記念の今年は夏休み期間中に2回実施!

夏休みに足尾ならではの体験をしませんか?夏休みの工作に「缶を使ったカンテラ作り」、営業時間後のライトダウンして暗くなった銅山の坑道での「宝探し」、タガネとハンマーを使った「鉱石割り」。夏休みの思い出作りに是非ご家族でご参加下さい。

■実施日 平成22年7月31日(土)、8月28日(土)

■行程
15:30 足尾銅山観光ゲート前集合
16:00 空き缶カンテラ作り
17:30 銅山観光坑道内で宝探し(鉱石割り体験含む)
19:00 解散

■最小催行人員 2名様(定員20名様程度)
足尾銅山観光ナイトツアー2010詳細はこちら


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

第30回わたらせふるさとウォーキング
足尾銅山発見400年記念スペシャルガイドツアー「足尾の廃線跡と産業遺産を歩く」
<36名ご参加ありがとうございました。>

5/29(土) 12:15〜 定員40名様程度

わたらせ渓谷鐵道の終点である間藤駅から先、かつての足尾本山駅へと続いている廃線跡があります。このレールが残る貨物専用線を少し歩き、足尾の産業遺産をガイドを聞きながら歩くツアーです。

■実施日 平成22年5月29日(土)

■内容
@間藤駅から約300mの安全な廃線跡ウォーク
A足尾町の間藤-赤倉地区の産業遺産巡り
B足尾駅保存の気動車内での昼食

お申込み・お問合せ先
わたらせ渓谷鐵道株式会社・営業企画課
〒376-0101
群馬県みどり市大間々町大間々1603-1
TEL:0277-73-2110
FAX:0277-73-3121
主催・協力
主催:わたらせ渓谷鐵道株式会社
協力:わたらせ渓谷鐵道市民協議会&足尾まるごと井戸端会議

第30回わたらせふるさとウォーキング
足尾の廃線跡と産業遺産を歩くの詳しい情報はこちら


間藤駅からの廃線跡

足尾さきえ 鉄道すむめ「足尾さきえ」抜き出し販売について
TOMYTEC〜鉄道制服コレクション〜
わたらせ渓谷鐵道市民協議会

昨年発売されましたTOMYTEC〜鉄道制服コレクション〜鉄道すむめvol.9にて、わたらせ
渓谷鐵道「足尾さきえ」の抜き出し販売をいたします。鉄道支援の目的のため、わたら
せ渓谷鐵道で、沿線に来られた方のみ、お買い求め頂けますので、なにとぞ御了承くだ
さい。(自己申告!!)

各タイプとも1個\630(税込)

鉄道すむめ「足尾さきえ」詳細はこちらから


足尾銅山発見400年記念
松木渓谷環境学習ガイドツアー
<募集人数に参加者が満たない為、ツアー中止となりました。次回のガイドツアーにご期待ください。>
3/28(日) 13:30〜 定員20名様
銅」の発見から400年・・・
『足尾』が現代に発するメッセージを『松木』で考えます。

工程】
13:30 足尾銅山観光
集合・受付…お車の方
13:40 間藤駅
集合・受付…鉄道・バスの方
―行程中はバスまたは
タクシ−観光―
下車<古河橋>(トイレ休憩)
車中より<足尾精錬所見学>
14:00<松木渓谷ゲート内を
ガイドと見学>
15:20 銅山観光下車 通洞駅前解散

<松木渓谷環境学習ガイドツアーの詳細はこちらから

 


申込書をダウンロード

足尾銅山400年記念 足尾銅山観光スペシャルツアー
満員御礼終了しました。
おかげ様で定員オーバーとなりました。

2/6(土) 12:00〜 定員20名様程度
「ラック式鉄道とガソリンカーの特別見学撮影会」
ふつう〜の鉄道では飽きてしまった“濃い”レールファンの皆様のためのこだわりツアーです。
■内容
1)ガソリンカー撮影会
2)足尾銅山観光の通常見学
3)ラックレール式坑道内鉄道の特別撮影会

<足尾銅山観光スペシャルツアーの詳細はこちらかから>





松木渓谷環境学習ガイドツアー -09秋冬-< 終了しました。>

銅山としての足尾の歴史を語るとき、その象徴的な姿として案内されるのが足尾ダムの奥に広がる松木渓谷です。今回のガイドツアーでは、足尾環境学習センターでレクチャーを受け、松木渓谷を訪れて足尾の歴史を肌で感じます。松木の山々はどんなメッセージを発しているのでしょうか。。。

◆ 【足尾の松木渓谷】環境学習ガイドツアーの詳しい内容・料金はこちら

◆終了した 【足尾の松木渓谷】環境学習ガイドツアーの写真はこちらから。

◆参加者の感想はこちらから。
宇都宮市からご参加の Hさん(男性)34才

  ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆


<募集は終了しました。>
毎日新聞旅行「足尾銅山ガイドツアー」がHPより募集


足尾銅山特別観光ガイドツアーとわたらせ渓谷鉄道

日程:2009年9月22日〔火〕
     2009年9月30日〔水〕

足尾銅山特別観光ガイドツアーとわたらせ渓谷鉄道の詳しい情報はこちらから

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

足尾銅山観光ナイトツアー 09年8月29日 <満員御礼で催行>
※無事終了しました。写真UPしました。


15:30集合 定員20名様
夏休みの最後の土曜日に足尾ならではの体験をしませんか?夏休みの工作に「缶を使ったカンテラ作り」、営業時間後のライトダウンして暗くなった銅山の坑道での「宝探し」、タガネとハンマーを使った「鉱石割り」。夏休みの思い出作りに是非ご家族でご参加下さい。

足尾銅山観光ナイトツアー 09年8月29日の詳しい内容はこちらから


■行程
15:30 足尾銅山観光ゲート前(写真)集合
16:00 空き缶カンテラ作り
17:30 銅山観光坑道内で宝探し(鉱石割り体験含む)
19:00 解散
(20:30〜銀山平キャンプ場で小滝歩きにご参加いただけます)
■最小催行人員 2名様(定員20名様)



精錬所

・2009年10月17日 足尾銅山を世界遺産にのシンポジュウムを開催
申込書をダウンロード

・ 2009,6,11
日光市教育委員会事務局 生涯学習課 世界遺産登録推進室HP
【足尾銅山の世界遺産登録をめざして
・古河、足尾振興に寄付!日光は基金設立
2008.2.6 足尾地域の振興支援へ 古河が5000万円市に寄付
2008.2.6 「足尾銅山を世界遺産に」日光市が登録推進室設置へ

 

緑青(ろくしょう)、毒だと思っている人がいます。
それはまったくの誤解です。昭和59年8月には、厚生省(現厚生労働省)が緑青猛毒説が間違いであることを認めています。
ここでは銅の緑青についての正しい知識をご紹介します。

NEWS

足尾のポスター 「産業遺産のまち 足尾」
足尾のポスター 「環境学習のまち 足尾」
銅 copper&brass 「足尾銅山」世界遺産へ第一歩が掲載 no.165

イベント
銅の不思議な世界2009
copper早川展 6/10〜16

「足尾歴史館ガソリンカー祭」開催
平成21年8月8日(土曜日)・9日(日曜日)の2日間

足尾に緑を育てる会
足尾観光協会
足尾町商工会
・足尾銅山観光
足尾歴史館
・足尾銅山の世界遺産登録をめざして
足尾エリア 日光市HP
足尾terrace
日光市ホームページ 日光観光協会
今市観光協会
鬼怒川・川治温泉観光協会
湯西川・川俣・奥鬼怒温泉観光協会

江戸幕府直轄の銅山として始まり、1973年(昭和48)の閉山まで約400年間続き、日本の近代化を牽引してきた歴史や、煙害による社会問題となった公害問題を含め、足尾銅山の歴史、紹介します。
小野崎一徳写真帖
小野崎一徳写真帖
「足尾銅山」 dr
著書 小野崎敏

小野崎一徳
当写真館初代小野崎一徳
1861(文久元年)〜1928(昭和4年)
日本ではいまだ黎明期にあった写真術を学び、なぜ銅山御用の写真師となったのか。
一般にはあまり知られることなく生涯を閉じた一人の写真家と足尾銅山の歴史を、紹介します。


浅草⇔日光・足尾 周遊モデルコース
2012 6月7月 足尾バススニーカー設定日 モニター料金で@¥1500

●浅草⇔日光・足尾 周遊観光モデルコースはこちら




足尾銅山観光ナイトツアー2012
平成24年7月28日(土)、8月25日(土)開催

大好評をいただき4年目を迎えました。
夏休みに足尾ならではの体験をしませんか!夏休みの工作に「缶(瓶)を使ったカンテラ作り」、
営業時間後のライトダウンして暗くなった銅山の坑道散策、タガネとハンマーを使った「鉱石割り」。
夏休みの思い出作りに是非ご家族でご参加下さい。


足尾銅山観光ナイトツアー2012 ツアーの 詳細はこちら



FAX申込書 足尾銅山観光ナイトツアー2012


募集は終了しました。
2011 春・夏号 とちぎ×じょし ぷちたび 発行:JTB関東に「足尾のツアーが3本掲載されました。
募集は終了しました。

2011年7月30日(土)
足尾銅山観光トロッコ・復活したガソリンカー乗車体験・鉱石割り体験


2011年8月20日(土)
地元ガイドが案内!松木の環境学習と植樹体験


2011年8月27日(土)
日本一の産出量を誇った銅の山「備前楯山」のネイチャーガイド

足尾鉄道100年記念
足尾銅山観光スペシャルガイドツアーは中止
となりました。
東北地方太平洋沖地震による影響を考慮し、明日3/12(土)の「足尾鉄道100年記念 足尾銅山観光スペシャルガイドツアー」は催行中止となりました。

日光市足尾町。ここにはかつて東洋一と呼ばれた足尾銅山がありました。鉱山の閉山後、トロッコ列車で入場し坑道見学できる「足尾銅山観光」が登場しました。

現在、この施設は改良され全国的にも珍しい(4例のみ)「ラック式」鉄道(急こう配を登る特殊軌道)があります。

この我が国でも珍しい「ラック式」鉄道の普段見られない部分の撮影会や見学。通常の運用では走らない坑内区間での撮影会。また、昨年に復活しました、かつて足尾町内を走っていました「ガソリンカー」の撮影会も同時におこないます。ふつう〜の鉄道では飽きてしまった“濃い”レールファンの皆様のためのこだわりツアーです。
今年の目玉は、ガソリンカー専用復元客車の新登場と、足尾歴史館保存車両の増加です。

「ラック式鉄道とガソリンカーの特別見学撮影会」の詳しい情報はこちら

「足尾のガソリンカー完全復元記念」開催のお知らせ


2009年、復元されましたアメリカ・フォード社のエンジンを搭載したガソリンカーに引き続き、いよいよ、当時の旅客用客車の復元が完了し、これにて“足尾のガソリンカー”の完全 なる復元作業が完成しました。このたび、ささやかながら、この「復元された客車」の試乗会を開催いたしますので、 皆さま方のお越しをお待ち申し上げます。

【開催場所】
足尾歴史館 野外展示場(足尾ガソリン軌道・歴史館線)

【開催日】
平成22年11月21日(日曜日)

【開催時間】
10:00〜16:00

【交通】
わたらせ渓谷鐵道「通洞駅」下車徒歩3分
JR日光駅・東武日光駅と通洞駅間の日光市営バスもあります。
(1日4往復、片道約40分要問合TEL:0288-93-3113市民課)

【乗車料】
ガソリンカーの乗車は無料です。
※足尾歴史館の入館は有料となります。

※お願い※
駐車場は限られています。わたらせ渓谷鐵道か日光市営バスをご利用ください。

◇お問合せ◇
NPO法人 足尾歴史館 
〒321-1523
栃木県日光市足尾町松原2825 
TEL/FAX: 0288-93-0189
ホームページ:http://ashiorekishikan.com

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
岩崎哲朗(日光市足尾町通洞)33歳3児のパパライダー「夢」を追って2010年【鈴鹿8耐】出場 日本最速への挑戦!


岩崎哲朗2010年【鈴鹿8耐】出場詳しくはこちら
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

宇都宮大学特定重点推進研究シンポジウム「足尾地域の産業遺産の保全と活用」

終了しました。 栃木 - 毎日jp(毎日新聞)に掲載

2007年度から今年度まで宇都宮大学による足尾地域の産業遺産の保全と活用に関する
研究を行いました。今回、その研究成果を踏まえたシンポジウムを開催いたします。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

開催日:平成 22年3月20日(土)13時00分〜
会場:日光市足尾公民館講堂
入場料:無料(どなたでも参加できます)

主催国立大学法人宇都宮大学
共催足尾地域の産業遺産の保存・活用と環境学習推進協働会議
後援日光市・日光市教育委員会

問合せ先:0288(21)5182
日光市教育委員会事務局生涯学習課世界遺産登録推進

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
平成22年度 <足尾ガイド養成講座終了しました。>


エコミュージアムあしお - 足尾での取り組み

足尾ガイド養成講座のご案内 2回目からでもどうぞ!
○ 2010年度足尾ガイド養成講座募集要項
<足尾ガイドとは?>
「足尾の魅力」を足尾を訪れる方々に伝える担い手です。昨年度の参加者は銅山観光や松木地区を案内ポイントとして活動を続けています。現在観光に関わる仕事に携わっている方、足尾の魅力をたくさんの人に伝えたいという思いのある方を広く募 集しています。「足尾」を訪れる方々にむけて、足尾の魅力を自分の言葉で語ってみませんか?
定員…30名程度
受講料…無料
申込締切…随時 ※定員に達した場合は受付を締め切る場合がございます。
申込・お問い合わせ…日光市足尾総合支所観光経済課 TEL:0288-93-3116
主催…日光市・産業遺産と環境教育の観光振興実行委員会
運営…合資会社サンタプロジェクト

<ガイド養成講座の詳しい内容はこちら>


足尾銅山発見の謎
         -「治部と内蔵」の真相をもとめて

足尾のガイドの一人、池野亮子さんが、本を出版されました。
足尾銅山発見時の謎が解明されていきます。
ぜひ読んで「治部と内蔵」の真相にふれて下さい。

足尾銅山発見の謎
<足尾銅山発見の謎―「治部と内蔵」の真相をもとめての詳細はこちら>

 

<足尾 いきいきふれあいコンサート> <終了しました>

ASHIOまちあそび実行委員会がボランティアで足尾の子供たちや薄弱施設すかいの皆さんをコンサートに招待し、本格的なジャズを聴いて元気になってほしいとの思いと、町の皆さんに足尾出身である三浦勝率いる(STJO)の活躍を改め知ってもらいたいために企画しました。
日光市の皆様もぜひご来場お待ちしております。

<足尾 いきいきふれあいコンサート> の詳細はこちら

国立国会図書館 近代デジタルライブラリーにて「古河足尾銅山写真帖」小野崎一徳 編がご覧いただけます。

片マンプ 「笠松隧道」

明治25(1892)年、銅と物資の輸送量えお増やすために足尾・群馬沢入間に軽便馬車鉄道(けいべんばしゃてつどう)を開通させました。
ここは、花崗岩の高い崖が切り立っており、鉄路を開通させることは困難でした。
そこで、岩盤をコの字状に抉り取り、片桟橋を張り出す構造になっています。
断面は、高さ約3m、幅2m、顕著に開削した跡が残る、延長40mの貴重な産業遺跡です。
笠マンプ
Welcome to Ashio!! In Ashio,visitors are amazed by its natural beauty and long history.
Do you know the Ashio copper mine? Once, it was the biggest copper mine in Japan.In the early Meiji Era (1868〜1912), the town took a lead in Japanese modern industry.There are a lot of industrial heritages here.
Surely, Ashio is the cradle of Japanese modern industry and a good place to learn about industrial heritages and enveironmental problems.Here many people pay attention to the natural environment destroyed by smoke damage from the refineries.
 
 

WATARASE Art Project
WATARASE Art Project

足尾の個性あふれるブロガーのポータルサイト!コアな足尾の情報収集は【足尾.com】


Google Sitemaps用XML自動生成ツールを利用しています。
サイト上に掲載された文章、画像等を許可なく利用する事を禁じます。
Copyright(C)2008 Ashiodozan.com. All rights reserved