headder
足尾銅山.com top

 

 




足尾銅山の歴史にふれ、オリジナルでテーマのある旅を!観光スポットや口コミの多い店、地元の穴場情報を紹介するポータルサイト!さらに自らプロデュースした、物語のある土産品も紹介しています。


ハワイのダイヤモンドヘッドより、足尾の”はげ山”を今見る理由

足尾を「ざざっと紹介



世界遺産登録へ向けての活動


足尾銅山写真師 小野崎一徳

国立国会図書館 近代ライブラリー 「古河足尾銅山写真帖」小野崎一徳 編


銅の認識 間違ってませんか!

足尾NEWS 最新情報&イベント情

日光NEWS(日光・今市・鬼怒川・栗山)


English Guide



会社概要



管理人より



リンク

足尾の概要

足尾町は、まわりを大小の山々に囲まれた谷間の町で銅が発見されるまでは、人里はなれたひっそりとした山村でした。

 慶長15(1610)年、備前楯山に銅が発見されたと言われています。その後、江戸幕府直営の鉱山として大いに栄え、“足尾千軒”といわれる程、人家も建ちならびました。そして、足尾でとれた銅は東照宮や江戸城、芝の増上寺、上野の寛永寺の屋根に使われたり、寛永通宝(足字銭)というお金にもなり、約2億枚が製造されました。 しだいに銅が取れなくなり、廃山のようになってしまいました。

 明治10(1877)年になって「古河市兵衛」が経営するようになりました。そして当時日本の鉱山運営において最新の技術、設備をとり入れた事により、銅山は急速に発展し、我が国の産銅の40%以上を生産し、東洋一の銅山とよばれるようになりました。しかし、産銅の増大に伴い、煙害や水質土壌汚染が広がり、深刻な問題となりました。明治24(1890) 田中正造が国会で、足尾銅山鉱毒問題を取り上げ、大きな社会問題へと発展していきました。

 大正5(1916)年には人口も、38、428人に達し、県内では宇都宮市(5万8千余人)に次ぐにぎわいを見せました。 その後、戦争のために無計画に掘り出した結果、銅を思うように生産できなくなりました。 ついに、400年近くも続いた「足尾銅山」も昭和48(1973)年2月に様々な歴史を残して閉山となりました。

足尾の沿革史
足尾の人口の移り変わり

 


サイト上に掲載された文章、画像等を許可なく利用する事を禁じます。
Copyrightc2008 Ashiodouzan.com. All rights reserved