headder
足尾銅山.com top

 

 




足尾銅山の歴史にふれ、オリジナルでテーマのある旅を!観光スポットや口コミの多い店、地元の穴場情報を紹介するポータルサイト!さらに自らプロデュースした、物語のある土産品も紹介しています。


ハワイのダイヤモンドヘッドより、足尾の”はげ山”を今見る理由

足尾を「ざざっと紹介



世界遺産登録へ向けての活動


足尾銅山写真師 小野崎一徳

国立国会図書館 近代ライブラリー 「古河足尾銅山写真帖」小野崎一徳 編


銅の認識 間違ってませんか!

足尾NEWS 最新情報&イベント情

日光NEWS(日光・今市・鬼怒川・栗山)


English Guide



会社概要



管理人より



リンク

足尾のはげ山の理由

・はげ山の存在を、鉱毒(銅の精錬過程から出た煙「亜硫酸ガス」)によるものだけだと思っている方が非常におおいようです。煙害も1つの理由ですが、他に理由が4つ、全てで5つの環境から足尾銅山のはげ山(日本のグランドキャニオン)が存在す理由となりました。

・銅の鉱石から、1dの銅を精製するための燃料のは薪でした。銅の鉱石1dに必要とされた薪は、なんと同じ重さの1dです。足尾銅山の産出した銅を逆算していくと、1日に山の木、約一町歩(いっちょうぶ 9917.36u )(10反)も切り出す事になります。燃料確保も大きな要因でした。

・山が丸裸になった原因のもう一つは山火事でした。山の火災は伐採後芽生えてきた芽を焼失させ発芽力を低下させた。この山火事の中で一番大きかった火事は1887年4月8日に松木村から発生しました。これは祭火が風にあおられて燃え広がり約1100ヘクタール焼失。これは中禅寺湖の大きさに匹敵する大火事です。このような山火事が数回起った為でもあります。

・足尾銅山の約400年の歴史で、備前館山の山中に、長さ述べ約1200キロの坑道が掘られており、これは東京〜博多までの距離にあたります。
その坑道全てに、落盤を防ぐ為に木材を組む必要があり、膨大な木材を必要としました。

・足尾銅山全盛期の住まいの多くは、古河の提供する社宅、坑夫長屋が数多く存在した。「足尾1000軒」とも言われた長屋の存在がありました。それら全てが木造であり、また多くの材木を必要とした為でです。

現在は、NPO法人 足尾に緑を育てる会などが、中心となって足尾の山に緑を復活すべく活動している。



 

サイト上に掲載された文章、画像等を許可なく利用する事を禁じます。
Copyrightc2008 Ashiodouzan.com. All rights reserved