足尾銅山.com top

 

 




足尾銅山の歴史にふれ、オリジナルでテーマのある旅を!観光スポットや口コミの多い店、地元の穴場情報を紹介するポータルサイト!さらに自らプロデュースした、物語のある土産品も紹介しています。


ハワイのダイヤモンドヘッドより、足尾の”はげ山”を今見る理由

足尾を「ざざっと紹介



世界遺産登録へ向けての活動


足尾銅山写真師 小野崎一徳

国立国会図書館 近代ライブラリー 「古河足尾銅山写真帖」小野崎一徳 編


銅の認識 間違ってませんか!

足尾NEWS 最新情報&イベント情

日光NEWS(日光・今市・鬼怒川・栗山)


English Guide



会社概要



管理人より



リンク

銅が大事な赤ちゃんを丈夫に育てる

生まれたばかりの赤ちゃんには、安全で栄養価に優れたものを与えたいと考えます。母乳の代わりになる粉ミルクはその最もたるものでしょう。
  1976年出されたWHO(世界保健機構)により人工乳の必須金属含有量について勧告によると、銅の含有量は100ml中40マイクログラムだそうですが、日本の粉ミルクは、100ml中3.1〜7.2マイクログラムしか含んでいなかったそうです。もともと人間の母乳には、出産後1ヶ月あたりまでは、100ml中45マイクログラム程度ふくまれているそです。 
  なぜ日本だけ極端に少なかったというと、日本では銅が食品添加物として認められていなかった為、添加ができなかったそうです。
  その後、小児科学会や新生児学会で銅欠乏症例が報告されるようになり、問題が注目されるようになりました。銅欠乏症は、貧血、発育不足、下痢、低体温、皮膚や毛髪の色素減少、骨病変などが症例としてあげられています。
  こうした問題定義を受けて現厚生労働省に対し、銅および亜鉛の添加を認めるよう要請を出し、食品衛生調査会に諮り、1983年に認可に踏み切りました。その翌年から市場に登場することになりました。現在では、粉ミルクの銅添加量は100mg中320マイクログラム、わずかな量ですが、これによってかわいい赤ちゃんの成長を助けているそうです。

日光の観光スポット・足尾の歴史を案内する写真館四代目のブログ?

サイト上に掲載された文章、画像等を許可なく利用する事を禁じます。
Copyrightc2008 Ashiodouzan.com. All rights reserved