headder
足尾銅山.com top

 

 




足尾銅山の歴史にふれ、オリジナルでテーマのある旅を!観光スポットや口コミの多い店、地元の穴場情報を紹介するポータルサイト!さらに自らプロデュースした、物語のある土産品も紹介しています。


ハワイのダイヤモンドヘッドより、足尾の”はげ山”を今見る理由

足尾を「ざざっと紹介



世界遺産登録へ向けての活動


足尾銅山写真師 小野崎一徳

国立国会図書館 近代ライブラリー 「古河足尾銅山写真帖」小野崎一徳 編


銅の認識 間違ってませんか!

足尾NEWS 最新情報&イベント情

日光NEWS(日光・今市・鬼怒川・栗山)


English Guide



会社概要



管理人より



リンク

病院でも銅の活躍が期待されている

けがや病気の治療の為にいった病院で、別の病気をうつされるという事態が起きています。ニュースや新聞などで目に付く「院内感染」。現在院内感染は、医療施設の信頼をゆるがすほどの問題になっています。
  病院などの医療施設は、人の出入りが激しく、患者さんと一緒に病源菌が外部から院内に持ち込まれやすい環境です。健康ならば影響のない弱い菌でも、高齢者や幼児、入院中の患者さんなど免疫力が低下している方には、重い感染症を引き起こす危険性があります。医療施設内で人から人へ、または医療器具などを通じて感染する感染症のことを院内感染といっています。現在全国の医療施設には、院内感染を防止するためのマニュアルを徹底するなど、積極的な改善策が求められているそうです。
(社)日本銅センターでは、新たなプロジェクトをスタートしました。
試験の協力には、細菌学の権威・北里柴三郎博士の精神を受け継いで創設された北里大学病院。銅の抗菌性を生かして病院の衛生環境をつくる世界でも初めて実験です。
  試験は、皮膚科病棟内に銅板と黄銅板を設置し、そこから採取した細菌と何も設置しない場所で採取した細菌を培養して、細菌の塊(コロニー)の数を比べる方法で行われました。銅板や黄銅板を設置した箇所はベットの柵、洗面台、シャワーヘッド、ドアの押板、ドアノブ、手すり処置室の床など。培養する菌の種類は、院内感染の主な原因となるMRSAを含む黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌、緑膿菌、大腸菌の4種類と一般細菌です。
  病室の床に設置した銅板、黄銅板、なにも設置していない床か採取した菌の試験結果は次のとおりだそうです。
・黄色ブドウ球菌=普通の床で菌が多数見られるが、銅板や黄銅板からはまったく検出されない。
・MRSA=普通の床と比べ、銅板や黄銅板からは菌がまったく検出されない。
・表皮ブドウ球菌=普通の床と比べ、銅板や黄銅板のほうは菌きわめて少ない。
・一般細菌=普通の床と比べ、銅板や黄銅板では菌のコロニー数が極端に少ない。
また、洗面台やバスルームなどの湿った環境から検出される緑膿菌や大腸菌についても、抗菌効果が得られることが確認されたそうです。
  今回の試験について、このプロジェクトのリーダーである北里大学医学部・笹原武志先生は、これまでの成績から「銅や銅合金には院内感染の原因となる細菌を軽減し衛生環境を改善させるはたらきがあるとおもわれる」との見解を示されているそうです。
  これからは病院でも銅の活躍が期待されています。

(社)日本銅センター くらしの活銅学より

日光の観光スポット・足尾の歴史を案内する写真館四代目のブログ

サイト上に掲載された文章、画像等を許可なく利用する事を禁じます。
Copyrightc2008 Ashiodouzan.com. All rights reserved