headder
足尾銅山.com top

 

 




足尾銅山の歴史にふれ、オリジナルでテーマのある旅を!観光スポットや口コミの多い店、地元の穴場情報を紹介するポータルサイト!さらに自らプロデュースした、物語のある土産品も紹介しています。


ハワイのダイヤモンドヘッドより、足尾の”はげ山”を今見る理由

足尾を「ざざっと紹介



世界遺産登録へ向けての活動


足尾銅山写真師 小野崎一徳

国立国会図書館 近代ライブラリー 「古河足尾銅山写真帖」小野崎一徳 編


銅の認識 間違ってませんか!

足尾NEWS 最新情報&イベント情

日光NEWS(日光・今市・鬼怒川・栗山)


English Guide



会社概要



管理人より



リンク

銅が環境を守る

 茨城県霞ヶ浦には、アサギ、マコモ、ガガブタ、カワセミ、オオヒシクイ、コウノトリなど、水辺に色とりどりの草花が人の目を楽しませ、鳥のさえづりがうるさいくらいだったそうです。

わが国で2番目に大きい湖ですが、みんなの憩いの場であった時代から、草木や動植物たちが数を減らし、姿を消しています。原因は汚染とプランクトンの増殖などによる「アオコ」が大量発生し、動植物の生きる場を奪っていくそうです。

汚染の原因の一つに周辺地域の生活雑排水のたれ流しが指摘されました。下水道整備の遅れがあり、生活雑排水の6割が未処理のまま湖に流れ込んでいたようです。

  この状況を見かねた茨城県は、銅のもつ抗菌、防藻効果に着目し、調査を重ねた結果、1992年からの4年間で、周辺28市町村、約14万世帯に台所流し台用の銅のバスケットを配布したそうです。

この銅のバスケットは、ステンレスなどの従来品と比べて網目が細かく、湖水の有機物汚染量を示すCOD(科学的酸素要求量)の改善を期待するものでした。

  結果は見事で、銅バスケットを使う前に比べて、使用後のCODは、2〜4割改善されたそうです。銅バスケットを使用した環境改善策の成功は、大きな反響を呼び全国の自治体に広がったそうです。

日光の観光スポット・足尾の歴史を案内する写真館四代目のブログ 「銅が環境を守る」

サイト上に掲載された文章、画像等を許可なく利用する事を禁じます。
Copyrightc2008 Ashiodouzan.com. All rights reserved