headder
足尾銅山.com top

 

 




足尾銅山の歴史にふれ、オリジナルでテーマのある旅を!観光スポットや口コミの多い店、地元の穴場情報を紹介するポータルサイト!さらに自らプロデュースした、物語のある土産品も紹介しています。


ハワイのダイヤモンドヘッドより、足尾の”はげ山”を今見る理由

足尾を「ざざっと紹介



世界遺産登録へ向けての活動


足尾銅山写真師 小野崎一徳

国立国会図書館 近代ライブラリー 「古河足尾銅山写真帖」小野崎一徳 編


銅の認識 間違ってませんか!

足尾NEWS 最新情報&イベント情

日光NEWS(日光・今市・鬼怒川・栗山)


English Guide



会社概要



管理人より



リンク

光合成を銅が支えている

私たちが酸素を吸って生きているのは、植物が光合成により酸素を吐き出してくれるからであると、理科の実験で習いました。その基本的な光合成を支えているのは、銅であることを知っていますか。
  銅は人間の生命に必要なミネラルです。人間だけではなく、動物、植物においても不可欠な栄養素です。銅は、それらの組織において多くのたんぱく質と結びついていたり、もしくは酵素の主要な部分をしめているそうです。酵素とは、動物、植物が必要な機能を発揮する際に必要な栄養素で、例えば植物にとって銅は、プラストシニアンと呼ばれる酵素の成分だそうです。ご存知のとおり光合成は植物の生命にとって非常に重要な機能です。植物は、必要な銅を土から吸収しています。土壌や植物の種類によって違いがありますが、植物が土から必要量の銅を摂取するためには、乾燥土壌中の濃度として7ppm程度の銅が含まれている必要があるといわれているそうです。この状態より低い場合、一般的に銅欠乏症を起こします。特に小麦などの穀類、りんご、桃などの果実類などは、土銅の欠乏に敏感だそうです。
  世界において、どの土地でも銅の量が足りているわけではあえいません。国際銅研究協会が1984年に公表した調査結果によると、世界の大部分の地域で銅が欠乏しているそうです。世界の14ヶ国(ヨーロッパを除く)のうち、約3億4700万ヘクタールは存在的に銅欠乏の土壌であると推測していて、このうち約70パーセントは、アメリカとオーストラリアが占めているそうです。
  一般的に植物に銅が不足すると成長が悪かったり、葉が縮れて黄色や白色になったり、根の発育不足、種子が発芽しない、病気や寄生虫に対する抵抗が弱い、殻類の収穫量低下などの症状がみられるそうです。
  銅が不足している土壌では対策として、土壌に銅を添加する方法があるそうで、イギリスのロンドン大学において行なわれた研究では、銅を多く含む肥料を畑に与えたところ大麦の収穫高が28.5パーセント増加したした事を報告しています。ごく微量の銅の存在が殻粒の収穫に大きな影響与えたこがわかったそうです。

日光の観光スポット・足尾の歴史を案内する写真館四代目のブログ

サイト上に掲載された文章、画像等を許可なく利用する事を禁じます。
Copyrightc2008 Ashiodouzan.com. All rights reserved