headder
足尾銅山.com top

 

 




足尾銅山の歴史にふれ、オリジナルでテーマのある旅を!観光スポットや口コミの多い店、地元の穴場情報を紹介するポータルサイト!さらに自らプロデュースした、物語のある土産品も紹介しています。


ハワイのダイヤモンドヘッドより、足尾の”はげ山”を今見る理由

足尾を「ざざっと紹介



世界遺産登録へ向けての活動


足尾銅山写真師 小野崎一徳

国立国会図書館 近代ライブラリー 「古河足尾銅山写真帖」小野崎一徳 編


銅の認識 間違ってませんか!

足尾NEWS 最新情報&イベント情

日光NEWS(日光・今市・鬼怒川・栗山)


English Guide



会社概要



管理人より



リンク

content
銅と長寿!そしてメタボリックシンドローム



長寿で知られる島根県の隠岐の島の町民の調査を島根医科大学とイギリス・ケンブリッチ大学が行ったそうです。隠岐の人たちの白血球に含まれる銅の量がケンブリッチ市民に比べなんと2倍あって、さらに一般の静脈効果疾患者に比べて6倍もあることがわかったそうです。隠岐の島町では心筋梗塞にかかるかたの数がすくなく、ケンブリッチ市では死因のトップだったそうです。動脈硬化を起こす要因、血液の中のコレステロール値は隠岐もケンブリッチも同じくらいだったそうです。海に囲まれた隠岐は新鮮な海の幸、銅を多く含む沢山の海産物に恵まれています。
2つの大学は、「魚介類に恵まれる隠岐の人々の食事を科学的に分析することによって、理想的な長寿食をつくることが出来るようになる」とコメントしており、コメントのくくりには、動物の心筋梗塞が銅で予防されることが知られていることから、銅は血管の若さを保つ働きがあるのではないかと結論づけていたそうです。
  銅の効果かは、かなりまえからいわれた有力な仮説です。生活習慣病としての心臓病(狭心症、心筋梗塞)と銅摂取量の関係はアメリカのグレービーという学者が指摘してました。銅が不足するとさまざまな症状がでます。心臓に関する結果をあげると、動物実験ですが、銅不足により動脈効果がうながされ、心筋をを変化させ、心電図の異常をもたらすことがわかっているそうで、有害な過酸化物を除く力も減退するそうです。こうした症状と、人間の心筋梗塞の病態がぴったり一致していることから、銅不足の為ではないかと考えられました。
  近年盛んに呼ばれているメタボリックシンドローム。この概念は、動脈硬化による病気をいかに予防するかという考えから生まれたそうです。2004年厚生労働省の調査によると、メタボリックシンドロームに該当する人は、40〜74歳で約940万人いるそうで、予備軍は、約1020万人と推定されているそうです。メタボリックシンドロームにならないためには、まず運動が重要で、厄介な内臓脂肪は、いざというとき溜めておく皮下脂肪に比べて、日々の運動により容易に落とすことは可能だそうですよ。
  そして運動だけではなく大切なのはバランスのとれた食事が一番だそうすが、外食や肉類中心の現代の食生活は、銅の摂取量を少なくさせている傾向にあるそうです。一日2から5mgが必要でですが、海の幸が解決してくれます。豊かな海に囲まれた日本には銅を含む新鮮な魚介類が豊富にありますので、牡蠣、たこ、いか、伊勢海老などに舌つづみをうつことも健康の為に必要だそうです

日光の観光スポット・足尾の歴史を案内する写真館四代目のブログ
サイト上に掲載された文章、画像等を許可なく利用する事を禁じます。
Copyrightc2008 Ashiodouzan.com. All rights reserved