headder
足尾銅山.com top

 

 




足尾銅山の歴史にふれ、オリジナルでテーマのある旅を!観光スポットや口コミの多い店、地元の穴場情報を紹介するポータルサイト!さらに自らプロデュースした、物語のある土産品も紹介しています。


ハワイのダイヤモンドヘッドより、足尾の”はげ山”を今見る理由

足尾を「ざざっと紹介



世界遺産登録へ向けての活動


足尾銅山写真師 小野崎一徳

国立国会図書館 近代ライブラリー 「古河足尾銅山写真帖」小野崎一徳 編


銅の認識 間違ってませんか!

足尾NEWS 最新情報&イベント情

日光NEWS(日光・今市・鬼怒川・栗山)


English Guide



会社概要



管理人より



リンク

銅のレジオネラ菌に対する抗菌効果

 日本人が愛して止まない温泉や銭湯などでレジオネラ菌に感染して命を落とすといった、恐ろしいニュースが注目を集めています。
  レジオネラ菌は、本来自然の中に生息する細菌で、人から人への感染はなく、クリーングタワーの冷却水、循環式浴槽、給湯設備、加湿器、温泉の水、ガーデニング用の肥料等が、感染の主な原因となっています。(社)日本銅センターは、レジオネラ菌に対する銅の抗菌効果について実験の調査をまとめています。
  実験には2つの方法が用いられたそうです。一つには抗菌効果を試す調査で、水道用配管素材として使用する銅板、ステンレス板、塩化ビニール板にレジオネラ菌をまき、培養後の菌の繁殖数を測定する方法です。結果は試験片1枚当りに50万〜60万CFU(Colony Forminng Unit 菌がまとまって成育した数)いた菌が、銅板では、1000CFU以下に減少しました。他のステンレス板、塩化ビニール板は、ほとんど減少しないとうい結果だそうです。
  次は銅イオン濃度と作用時間を調べる実験で、段階的に濃度を変えた銅イオン溶液中にレジオネラ菌をいれて繁殖する菌の数の調査です。結果は、銅イオンの濃度と作用時間に比例して、抗菌効果が高くなる結果が得られたそうで、この実験から銅はレジオネラ菌に対して優れた抗菌作用が働くことが証明されたという事です。

日光の観光スポット・足尾の歴史を案内する写真館四代目のブログ
[銅のレジオネラ菌に対する抗菌効果]

サイト上に掲載された文章、画像等を許可なく利用する事を禁じます。
Copyrightc2008 Ashiodouzan.com. All rights reserved