headder
足尾銅山.com top

 

 




足尾銅山の歴史にふれ、オリジナルでテーマのある旅を!観光スポットや口コミの多い店、地元の穴場情報を紹介するポータルサイト!さらに自らプロデュースした、物語のある土産品も紹介しています。


ハワイのダイヤモンドヘッドより、足尾の”はげ山”を今見る理由

足尾を「ざざっと紹介



世界遺産登録へ向けての活動


足尾銅山写真師 小野崎一徳

国立国会図書館 近代ライブラリー 「古河足尾銅山写真帖」小野崎一徳 編


銅の認識 間違ってませんか!

足尾NEWS 最新情報&イベント情

日光NEWS(日光・今市・鬼怒川・栗山)


English Guide



会社概要



管理人より



リンク

content
”緑青は猛毒”は濡れ衣だった
緑青の青みがかった鮮やかなグリーン色からイメージする印象は、人それぞれだとおもいます。
私は、古びたお寺の屋根を思い浮かべています。
  歴史有るお寺の屋根が美しい緑色をしているのは、銅屋根の表面が長い時間をかけて変化し、銅の錆の一種である緑青に覆われている色だからです。緑青は見た目だけの美しさだけではありません。銅の表面で結びついて、屋根を腐食から保護する役割をはたしているそうです。また古来より天然の緑色の顔料として大変貴重に扱われてきたものでもあるそうで、古くから暮らしのなかで珍重されてきたのにもかかわらず、昭和の時代まで有毒なものとして扱われてきました。
  そもそも、緑青が毒であるという考え方は、どこからきたかもはっきりしていないようです。しかし主な原因は、学校の教科書にあったようです。戦後の小学校の教科書「5年生の理科/金属の錆」には、「銅のさびの一種である緑青には毒性がある」と書かれています。また当時の百貨辞典にも、緑青は「有毒」と書かれています。ここで覚えた知識が長い間信じられてきたようです。しかし、教科書には緑青がなぜに有毒であるかについては、説明されてなく、緑青の毒性を証明する内容は書かれていないそうです。海外の文献にも緑青の毒性を訴えるものはなく、この誤解は日本だけの様です。 
  そこで、(社)日本銅センターが根拠のない誤解を解かんとして、東京大学医学部に依頼をして、緑青の動物実験を6年間にわたり行ったそうです。その結果、緑青は、無害同様の物質であることが確認されました。この報告を受けた厚生省も、1981年から国の研究として動物実験を行い、3年間にわたる研究の結果、緑青は「無害に等しい」との認定をだしたそうです。
  1984年8月7日、NHK「朝のニュースワイド」で緑青猛毒説は誤ったものであることが厚生省の見解として報道されたとされています。全国紙の朝刊(朝日、毎日、読売)にも、このニュースが大々的にとりあげられたそです。
  長い時間をかけて、ようやく緑青が無害であることは証明されました。その後教科書から緑青が有毒であるという内容は、削除されました。しかし、厚生省の発表から20年以上が経過した現在も、緑青は猛毒で恐ろしいという印象は完全になくなっていないようです。人々根深い意識が変わるには、さらに長い時間がかかりそうです。

日光の観光スポット・足尾の歴史を案内する写真館四代目のブログ

サイト上に掲載された文章、画像等を許可なく利用する事を禁じます。
Copyrightc2008 Ashiodouzan.com. All rights reserved