足尾銅山400年記念 足尾銅山観光スペシャルツアー
足尾銅山.com top

 

 




足尾銅山の歴史にふれ、オリジナルでテーマのある旅を!観光スポットや口コミの多い店、地元の穴場情報を紹介するポータルサイト!さらに自らプロデュースした、物語のある土産品も紹介しています。


ハワイのダイヤモンドヘッドより、足尾の”はげ山”を今見る理由

足尾を「ざざっと紹介



世界遺産登録へ向けての活動


足尾銅山写真師 小野崎一徳

国立国会図書館 近代ライブラリー 「古河足尾銅山写真帖」小野崎一徳 編


銅の認識 間違ってませんか!

足尾NEWS 最新情報&イベント情

日光NEWS(日光・今市・鬼怒川・栗山)


English Guide



会社概要



管理人より



リンク

足尾銅山400年記念 足尾銅山観光スペシャルツアー お申込受付中!
2/6(土) 12:00〜 定員20名様程度
「ラック式鉄道とガソリンカーの特別見学撮影会」
日光市足尾町。ここにはかつて東洋一と呼ばれた足尾銅山がありました。鉱山の閉山後、トロッコ列車で入場し坑道見学できる「足尾銅山観光」が登場しました。

現在、この施設は改良され全国的にも珍しい(4例のみ)「ラック式」鉄道(急こう配を登る特殊軌道)があります。

この我が国でも珍しい「ラック式」鉄道の普段見られない部分の撮影会や見学。通常の運用では走らない坑内区間での撮影会。また、昨年に復活しました、かつて足尾町内を走っていました「ガソリンカー」の撮影会も同時におこないます。ふつう〜の鉄道では飽きてしまった“濃い”レールファンの皆様のためのこだわりツアーです。

※画像はイメージです。
今回の「スペシャルツアー」において特別に許可をされた場所での撮影となります。

<お申込受付中 >
2/6(土) 12:00〜 定員20名様程度
「ラック式鉄道とガソリンカーの特別見学撮影会」
ふつう〜の鉄道では飽きてしまった“濃い”レールファンの皆様のためのこだわりツアーです。

■内容
@ガソリンカー撮影会
A足尾銅山観光の通常見学
Bラックレール式坑道内鉄道の特別撮影会

■参考情報(リンク)

→施設について:足尾歴史館公式サイト・足尾銅山観光(足尾観光協会)
→ラックレール式鉄道について:Wikipedia・レイルエンヂニアリング

■行程

12:00 通洞駅集合 昼食会場にて坑夫弁当(ソースカツ丼)配布・昼食
13:00〜14:30 足尾歴史館 ガソリンカー撮影会
15:00〜16:30 足尾銅山観光にて通常見学 と撮影会
16:30〜17:30 特別撮影会 ※ラック式機関車の坑内へ進入など
17:40頃 足尾銅山観光 解散

■最小催行人員 10名様(定員20名様)

■参加費用 お一人様 3,900円

※参加費用は当日集合場所の係員にお支払いください。
※昼食代(坑夫弁当),施設入館料,会場費,資料代,ガイド料,運賃,保険料等を含みます。
※集合場所までの交通費等は含みません。

■ご案内

・集合場所は「わたらせ渓谷鐵道 通洞駅」となります。
・添乗員は同行しません。現地ガイドがご案内します。
・撮影時三脚の利用はできません。※お客様の行為が団体行動を妨げるおそれがあるとガイドが判断した場合、以降のご参加をお断りします。
・施設の状況により内容を変更する可能性がございます。
・参加ご希望の方はお電話の上、3日前の15時までにお申し込み下さい。
(予約受付可のご返信をもって正式予約とさせていただきます)

□お申込方法
FAX:申込書をダウンロードの上、下記までご送信下さい。
メール:申込書をダウンロードの上、必要事項を記載してお送り下さい。
(メールの送り先: yoyaku100206@ashio.org )

□お申込み・お問い合わせ先…新関東観光

TEL: 0288-26-3335 FAX:0288-26-4635
※お電話でのお問い合わせは平日10時〜17時となります

(募集型企画旅行)

■共同企画 足尾まるごと井戸端会議,新関東観光

■旅行企画・実施 
栃木県知事登録旅行業第3-282号 新関東観光梶@栃木県日光市土沢1969-28

募集型企画旅行実施可能区域
日光市・宇都宮市・鹿沼市・那須塩原市・ 塩谷町・みどり市・沼田市・片品村・南会津町・檜枝岐村

■実施協力 足尾銅山観光

このガイドツアーは、「足尾まるごと井戸端会議(産業遺産と環境学習の観光振興実行委員会)」の取り組みの中から生まれた「足尾の魅力」を感じていただくためのオリジナルガイドツアーです。

サイト上に掲載された文章、画像等を許可なく利用する事を禁じます。
Copyrightc2008 Ashiodouzan.com. All rights reserved